ブログ|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

ブログ

ブログ

2019年

新年明けましておめでとうございます。
まず始めに、年末年始前後は大変な混雑により通院してくださる患者様にはご迷惑をおかけしました。日頃よりご協力・ご理解頂きありがとうございます。

皆様はどのようなお正月を過ごされましたか?

私は初詣に明治神宮へいってきました。
人混みを避けた夕方の時間帯だったので、ゆっくりとお参りすることができました。ちなみにおみくじは吉凶を占うものではなかったのですが「油断は大敵」と書いてありました(´⊙ω⊙`) 💦物事は慎重に様々な経験を通して良い1年にしたいです(*^_^*)

話は変わりますが、厚生労働省より【仕事と不妊治療の両立支援のために】というリーフレットがあるのをご存知でしょうか。
↓当院の受付にも貼ってあります。

一般不妊治療・高度生殖補助医療・不妊治療に必要な検査のスケジュールを説明する中で「仕事があるため通院できるか心配」いう意見を患者様からよく聞きます。

実際に患者様の多くが、就業後やその合間、有給休暇や半日単位での休暇、個別でのシフト調整、一時的な休職や短時間勤務など、調整をしながら通院しています。また、両立が難しく仕事を辞めた、不妊治療自体を諦めたという方もいます。

企業や職場によっては不妊治療に特化した制度や理解もありますが、自分が大切な役割を担っていたり、人手不足で急なお休みをもらうのは中々難しいという人も多いですよね。そこでぜひ【不妊治療連絡カード】を活用していただければと思います。

不妊治療を受ける、または今後予定している人が企業や職場に対して仕事と不妊治療の両立に関する理解と配慮を求める、また仕事と不妊治療の両立支援制度を利用する際の証明書として作成されたものだそうです。
こちらからダウンロードすることができます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/30.html

身体的、精神的、経済的、社会的な側面から負担の大きい不妊治療ではありますが、少しずつ政策や補助も増えてきています。妊娠を望む方々が日々の生活と両立をしながら治療を継続できるような社会に近づいていければ良いです。

最後に先日、茨城県の笠間稲荷神社に行ったのですが
そこに展示されていた作品が素敵だったので載せたいと思います。
華やかなお正月の雰囲気にぴったりです^ ^

皆様にとって笑顔溢れる1年となりますように✨✨
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

看護部 OTSUKA

2018

2018年ももう終わりですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今年最後のブログは受付からお届致します。

1年あっという間に過ぎてしまいました。平成最後の年末です。今年の思い出はというと東京ドームへ何度も行ったことでしょうか(笑)。

5月、安室奈美恵
引退するという事で初めて安室ちゃんのライブに行きました。
思わずもらい泣き。

7月、嵐のワクワク学校
こちらは毎年恒例で行ってます。この時に日暮里にある「ひみつ堂」のかき氷が出てました。嵐の大野くんが来ていたようです。

10月、EXILE
三年ぶりのEXILEに興奮!看護師の1人も同日に行ってました(笑)。

11月、SUPER JUNIOR(K-POP)
受付2人で行ってきました(笑)。2階席だったのでずーっと双眼鏡で観てました。
グッズ売り場も大変賑わっていました。

12月、嵐
20Thのコンサート。12月3回行きました!こちらも毎年恒例でこの時期に行ってます。
年末に嵐のコンサートに行けないと年を越せない気がします。
and moreが発表されたので来年もコンサートも行きたい!!

今年は、記念のコンサートばかりでした。
来年もたくさんコンサートに行けたら幸せです。

話は変わるのですが、11月30日で一時閉園したあらかわ遊園の最終日に行ってきました。
あらかわ遊園は荒川区の西尾久にある遊園地です。
父、母、妹の4人で行ってきたのですが、大人4人で行くあらかわ遊園はちょっとシュールでした(笑)。
父は、釣り堀へ行き仲間としばしのお別れのあいさつをしてきたようです。
母と妹と園内を歩き、昔の遊園地はどうだったという話をしました。子供の頃、遊んでいたあらかわ遊園は今のものとは違い、観覧車はもっと小さく、吹きっさらしだったので怖かった思い出があります。
約30年ぶりの改装工事が入るという事で平成33年夏頃にリニューアルオープンを予定しているそうです。
新しく生まれ変わったあらかわ遊園にみなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

年末年始のお休みのお知らせです。
12/30(日)~1/4(金)までお休みさせていただきます。
来年もよろしくお願い致します。

HOSHINO

学会に参加してきました

こんにちは。培養部です。

今回、12月の初めに学会に参加したので、そこで聴講してきた内容の一部を紹介します。

その会は学会といっても日本産婦人科学会や日本卵子学会のようなたいそうなものではなく、2-30人規模の小さな研究会で、卒業生や教授など身内だけで集まって開催している研究会です。

わたしもOBという関係からたまに参加しているのですが、こういった小規模の研究会の利点としては、研究途中の未完成な研究内容であっても気軽にお話してもらえることにあると思います。

それはある意味、現在の医療研究の最先端のお話が聞けるということです。

ライフサイエンス技術研究会
参加費はかかりますが一応、一般の方も聴講できますので、開催時期など大々的に宣伝などは全くしていませんが、もしいつかどこかでお見掛けする機会があれば、その節はぜひご参加頂ければと思います。

今回の研究会のテーマは「アンチエイジングとART」でした。

テレビや雑誌などのメディアでもよく取り上げられるアンチエイジング。

最近の健康をテーマにしたバラエティー番組などでは、必ずといっていいほどこのワードを絡めて番組を構成していますね。

やはりそれだけいつまでも若く、いつまでも健康に、ということは私たちに人間にとって永遠のテーマなのかと。

わたしも気が付けばアラサーをとうに過ぎ、
もうお世辞にも若いとは言ってもらえない、いいトシになって参りましたが。

近年のテレビのアイドルさんやタレントさんの低年齢化が顕著になり、まだ子供じゃん みたいな子ほどもてはやされ、祭り上げられてすらあるように見受けられます。

あといわゆる「美魔女」さんとか。

なんだか若いことが偉い、みたいな風潮ってちょっとどうなんだろう、と思い。

年齢重ねて、人間としての「厚み」が増して、年相応に生きるって、すごく素敵だなと、個人的には思っているのですが。

とはいえ年々体力は低下して、乾燥肌に悩まされ、食も細くなり焼肉ではもっぱらハラミの身としては実害があり、生活に支障をきたしているわけで。
でもそんな妬み嫉みにも似たようなことを宣っていても今を生きる若者には疎まれるだけですし。

少し気乗りはしないですが、アンチエイジングについて少し向き合ってみたいと思います。

前置きが長くなりましたが、

それでは。

検索をかけると、
「アンチエイジング」とは?
日本語では「抗老化」「抗加齢」。見た目や身体のエイジング曲線の角度を少しでもゆるくすること。つまり「老化」を止めるのではなくスピードを抑えること。

とありました。

アンチエイジングをART(生殖補助医療:不妊治療)に絡めてみよう、という研究発表はたびたび見かけるのですが、今回はアンチエイジングをメインテーマとして沢山の興味深いご講演がありました。

今回はそのなかでウィメンズクリニック神野の院長、神野正雄先生のご講演がとくに面白かったので、詳細なデータ等を載せるのは色々と問題かと思いますので、簡単に概要だけご紹介いたします。

タイトルは
「不妊治療・抗老化・健康・美白は表裏一体 ~高度生殖補助医療における最新知見より~」
です。なかなか壮大なテーマです。

本題に入る前にまず予備知識として、
「老化する」とはどういうことか?というお話です。

生物は生きるために細胞のなかで代謝(糖を分解)を行ってエネルギーを産生し、生命維持しているのですが、糖代謝の際にはエネルギーとともに老廃物が出てきます。

細胞にはその老廃物(AGE:老化物質)を自ら除去する機関があり、それが機能することで、それらをリセットすることができます。

しかし、糖代謝をすればするほど、つまり長く生きていればそれだけで、どんどんAGEが細胞内に蓄積してきます。

そして最終的にAGEを除去する機関そのものにAGEが蓄積してしまい、AGEを除去する上手くいかなくなってくるそうです。

掃除機で例えると、フィルターが詰まって吸引力が低下している状態ですね。

吸えない掃除機、AGEに侵された状態で、いくら掃除してもAGE物質は除去しきれず、さらにどんどんAGEが蓄積していきます。

そして最終的には体中の細胞がAGEに侵されていき細胞が老化していきます。

それが老眼だ加齢臭だ白髪だほうれい線がだ物忘れがひどいだ脂身はもう食べられねえだ につながるのだそうです。

これがいわゆる老化現象の正体だと。

そして恐ろしいことに、わたしたちが普通に生活しているなかで、このAGEの蓄積を通常よりも加速させてしまう行動をとっているそうです。

それがこちらです。
・運動不足
・睡眠不足
・喫煙
・飲酒
・食生活
・ストレスをためること など

現代社会にいきるわたしたちにはこの生活習慣の改善はなかなかむずかしいです。

一人暮らしのわたしなどは、仕事で遅くに帰宅→外食→深夜1時頃就寝
この時点ですでに相当やってしまっていることになります。

ちなみに先生が推奨する目安は以下です。
いわく普通の生活をしていれば全然問題ないとおっしゃっていましたが、はたして。

・運動:1日30-40分の軽い運動(ウォーキング程度)
・睡眠:7-8時間(成長ホルモン分泌の関係で最初に日光を浴びてから16時間後の就寝が望ましい)
・喫煙:0本(1本増えるごとに加速度的に悪くなる、とのこと)
・飲酒:3日間隔をあければたぶん大丈夫(神野先生談 ごく個人的な意見かもしれません。経験的、理論的には炭酸水を飲むと酒を飲みたい欲求が我慢できるそうです。炭酸による血管拡張効果から)
・食生活:米を中心とした日本食を(血糖値の上昇がなだらか)
※基本的に砂糖の取りすぎは×(甘いもの、血糖値が急上昇する不健康なものはNG)、目安は1日25グラムまで(ちなみにコーラ1本で約50g、、、)
・ストレス:仕事をとるか健康をとるかどちらか、だそうです。
(無理やりにでも笑顔を作る、などの根性論や。趣味をもつ、アロマやエステなどメンタルケアもかなり効果あり)

なかなかハードルが高いと思いました。

アンチエイジングの為に大好きなラーメンと就寝前の○Tube鑑賞を諦めるは正直厳しいです。(血糖値急上昇×、液晶画面のブルーライトで成長ホルモン分泌のバランスの乱れ)

ちなみに当の神野先生はというと、都合上、写真をあげることはできませんが、ホームページのお姿を拝見する限りではその効果は絶大ではないかと。

御年60うん歳、老眼なし、白髪染めしたことない そうです。

本題です。

今回の発表のなかで「インシュリン抵抗性の改善」のすすめについてとくに強調してお話されていました。

詳しいことは割愛しますが、まとめると。

インシュリンとは、食事をして血糖値があがると分泌される、血糖値を一定に維持するホルモンです。(糖尿病患者がよく注射しているあれです)

インシュリン抵抗性とは、そのインシュリンの感受性が鈍くなる、ようするに効かなくなり、一定に保たれるべき血糖値の調節が上手くいかなくなることです。

その原因とは、そう老化(AGEの蓄積)です。

AGEが蓄積する →インシュリン抵抗性増す →糖代謝に異常 →AGEが蓄積する

という悪循環が起こるそうです。

糖代謝は血糖値のはなしだけではなく、全身の細胞ひとつひとつにも関係しています。

そのため、結果として症状が現れていなくても(例えば糖尿病や肥満)、エイジングが進んで、インシュリン抵抗性があがっている人はとても多いそうです。

さて、ここからどうARTに絡めるかですが、

そもそも人間、生物というものは以下の2つの目的で行動しています。
①生きること(生命維持)
②子孫を残すこと

そしてこの2つの目的には優先順位があって、まず①の生命維持に警告がでた場合、目的②の子孫を残すことは優先されない、エネルギーの供給が滞るそうです。

つまり、まずは身体が健康でないと妊娠もしづらくなる。

不健康 ≒ 不妊 ということです。

このことは実際にこれまで他の様々な研究のなかでそれが証明されていますね。

BMI値と不妊。糖尿病と不妊。睡眠不足と不妊。喫煙と精子異常。
ストレス社会?年々男性の精液所見が低下傾向にあり。
などなど。

つまり生活習慣の悪化によっておこるAGEの蓄積 →インシュリン抵抗性悪化 → 老化→ 不健康 →不妊
ということが言えるそうです。

実際に生活習慣の改善指導とインシュリン抵抗性に対して対策したところ、
とくに不妊治療の分野では高齢と分類される方々の不妊に対して効果があったそうです。

先生は発表のなかでまずは「生活習慣の見直し」を強く説いておられました。

不健康(AGEが蓄積し正常な糖代謝が出来なくなっている状態)な男性は見た目の精液所見が低下するだけでなく、内在するDNAへのダメージが顕著であるし、女性も場合も同様です。
逆に健康(AGEの蓄積が少ない)であれば、外見的にも美肌が保たれで若々しく、メタボにもなり得ないし、生命維持に余裕が生まれるので、生殖能力も維持される、と。

「生活習慣を見直しなさい」と。

いろいろと耳の痛い講演でした。

培養士 SAKAMOTO

秋のおすすめ

みなさんこんにちは。今回は看護部が担当です。
ますます、肌寒い季節となり朝の目覚めも辛いですね。寒い季節にぴったりの温かいお食事処をご紹介したいと思います。今回ご紹介するのは日暮里駅周辺にある韓国料理屋さんです。新大久保がとりあげられる昨今ですが、すごく温まりますよ!是非探してみてくださいね。ランチセットは、この写真も含めすべて780円となっております。

そして、この紅葉の時期にぴったりな六義園です。空気も澄みライトアップも素敵ですよね。
夜でもライトアップされた紅葉を見ながらのお茶・団子も美味しいです!!
ライトアップ期間 平成30年11月17日(土)~12月9日(日)
9時~21時(最終入園は20時30分)
皆さんも是非、季節を感じに行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

師走の時期なりますと、皆さまも多忙な時期であるにもかかわらず当院へ通院されている方もいらっしゃいます。そんな中、待ち時間が長かったり不安なことを含め、私たちへの要望もあるかと思います。職場、友人、家族に伝えたくても言えないこと、今後のことや、いろいろ調べてみたけどこれでいいのかなど。是非ご遠慮なくご相談下さい。
看護部 HATTORI

BBQ

日増しに寒さが身にしみるようになりました。
みなさまいかがお過ごしですか。
今回のブログは受付からです。

わたしは最近今年のシーズン最後であろうBBQに長瀞まで出かけてきました。
平日ということもありBBQをしようとしているのはわたしたちだけで、のびのびとお肉を焼いていました。(笑)
長瀞には以前にも訪れたことがありましたが、自然が豊かでとても素敵な場所です。
まだ紅葉というには早いですがほんのり木々にも色が付き始めていて、自然が近いと季節の変わり目も感じられるようになりますね。

わたし自身はあまりアウトドアが趣味というわけではないのですが、一緒にBBQをしていた子はアウトドアが好きなようでたくさんのグッズを持ってきてくれていて、いま流行のアヒージョを作ってくれたりと、普段ではお肉を焼くだけのわたしには驚きでした。(笑)
自分とは違う趣味などを持っている人と出かけるのもいろいろ発見があってとても楽しいですね。

BBQをするには少し寒い時期ではありましたが来シーズンはもっと違う場所にも行ってみたいです(*^-^*)

ここでクリニックのお知らせです。
待合室に画面を増やして診察室などの呼び出しを画面表示するようになりました。
アプリやメールでの呼び出しは今後も継続していきます。
たびたびシステムが変わることが多くご迷惑をおかけしますが、通っていただいている患者様が少しでも通いやすくなるようスッタフ一同努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

受付 AOKI