ブログ|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

ブログ

ブログ

紅葉

こんにちは。
今回は受付からになります。

急に冷え込みが厳しくなり、冬らしい気候になってきましたね。
長野の青木湖に出かけたところ、紅葉が見事でとてもきれいでした!

今年の本州の紅葉は、今月半ば頃から本格的に始まってきているとのことで、
観光も楽しんでいきたいですね^^◎

院内のアロマも冬使用になりましたので、ブレンドの紹介をしたいと思います。

🌼フランキンセンス(Bowellia thurifera)🌼
ウッディーで深く甘い香りが特徴です。
日本語で乳香樹と言われていますが、「新約聖書」のイエス・キリスト誕生物語の中で
貴重なお祝いの品として黄金、没薬とともに捧げられたことで有名です。
歴史の中で度々登場するフランキンセンスは、ゆったりとした深い呼吸に導き、
心を和ませ、不安を取り除く作用があると言われています。
また肌を活性化させることから老化肌にも良いと言われています。

🌼シナモン(Cinnamomum zeyanicum)🌼
甘く心安らぐ香りが特徴です。
昔からウイルス感染症や伝染性疾患に使われてきました。
体を温める作用があり、風の引き始めに良いと言われています

🌼クローブ(Eugenia caryophyllata)🌼
スパイシーで染み透るような香りが特徴です。
釘の形をしていることから釘と同義語の“丁字(ちょうじ)”とも呼ばれています。
その昔ギリシャ人、ローマ人の間ではこのクローブが、医療に欠かせなかったとの
記録が残されていますが、日本でも、歯医者さんでは鎮痛作用の目的で
使われていました。歯医者さんの香りとしても知られています。

🌼ベルガモット(Citrus bergamia)🌼
柑橘系でありながらほのかに甘いフローラルの香りが特徴です。
ベルガモットとはイタリアで取れるミカンのこと!この香りをつけた紅茶が
“アールグレーティー”です♪不安や緊張を解きほぐし、
気持ちを前向きにしてくれる香りです。
消化器系の調子を調えてくれることでも知られています。

これからさらに冷え込みが厳しくなってまいりますが、
風邪など引かないよう、温かくしてお過ごしくださいませ*

受付 NAITO

雑談-ストレスと不妊について

こんにちは。培養部です。
はじめに正直にお伝えしておきます。
患者の皆さんは最近の病院の待合室の混み具合でなんとなくお察しのことと思いますが。
ここ最近、台風があったり連休が続いたりと、その影響で診察が偏ったためか なかなか忙しく、今回はネタがありません。今回は培養士のただの雑談の回とさせて頂きます(笑)ご容赦ください。

さて忙しいなかでも一応なにか活動しなくてはということで
先日、以前にもこのブログで書いたと思いますが、大学のOBや大学時代の教授と定期的に行う勉強会に参加してきました。

開催頻度はまちまちなのですが、いまは月1くらい集まれることを目標にしていて、
培養士だけでなく他の分野に就職した方々も参加することがあります。

勉強会といってもかなりラフで、レンタルオフィスのような一室を借りて、ご飯やお酒を持ち寄って気楽に和気あいあいと、といった感じです。
内容として、いわゆる大学のゼミのように、それぞれ持ち寄ったテーマについてデータや資料を持ち寄って話し合ったり、別の大きな学会などでの研究発表を控えている人が発表練習や内容について意見交換したりするわけです。

が。正直これがけっこう大変です(笑)
なによりみなさん忙しいし、家庭のこともあるので予定を合わせるのも一苦労です。

ただ社会人になってからというもの、日々の忙しい日常に追われてしまい、
朝起きてー朝ごはん食べてーごみ出してー通勤してー仕事してー帰宅してーご飯食べてー風呂入ってーねてーおきてー…
ついついそのルーティンをこなすだけで、思考が凝り固まってしまいます。

まぁ行動をルーティン化するのが脳にとっては一番負担が少ないので、忙しい日々をこなそうと思ったら必然なのですが、われわれに培養士とってはちょっと危険です。

というのが、わたしたち不妊治療分野はまだ歴史が浅いこともあり、業界的にも未成熟なところが多くて。培養技術や使っている機器・機材にはじまり、けっこう大事な倫理基準※や法整備にいたってまで、まだまだ発展途上で、毎年のように更新されています。

※前回わたしがblogで書いた不妊治療分野における倫理指針(2018年6月14日 タイトル:倫理講習会を受講してきました)

ということで、日々気が抜けなくて、普段から脳を動かして、つねに新しい物事を吸収する準備がしてないとマズイわけですね。だからってわけかはわからないのですが。培養士って好奇心旺盛で柔軟なマインドを持った方が多くて、良くも悪くも普通の社会人と少し違ったし思考をしていて、話してみるとわりと面白いですよ。
ですからもし当院に通われている方は培養士にお会いする機会があれば気軽に相談がてら話しかけてみてください。
われわれも脳の刺激になってよいですし、患者様自身も気分転換にもなるし、日々の治療も疑問が解消されて、ようするにストレスから解放されて、治療効率もあがると思います。

ストレスって具体的には、精神的・肉体的な負担からコルチゾールという物質が分泌されている状態なんです。
コルチゾールはいわゆる「ストレス」を受けると副腎から分泌されるホルモンで、アドレナリンなどを分泌させるなど身体を緊張させるときに必要なものです。コルチゾール自体は身体にとって必要なホルモンなのですが、過度の「ストレス」を受けた場合、これが過剰分泌して慢性的に分泌し続けてしまうわけですね。これがいわゆる一般的な「ストレス」にさらされている状態とされています。

このコルチゾールの慢性的な過剰分泌が身体にとって良くなくて
血糖値の上昇から免疫力が低下したり、脳の覚醒作用から睡眠不足になったりします。
またコルチゾールの過剰分泌によって、同じ副腎から分泌される男性ホルモン(女性だと後に卵巣、卵胞の影響でエストロゲンに変換されるホルモン)などの分泌も阻害するんです。
そうなると例えば体外授精のために卵胞を育てている方の場合や、男性の精液所見などにも影響があるわけです。
以前こちらもblogで書きましたが、不妊症の4大悪(喫煙、不眠、肥満、飲酒)のなかにしっかり抵触しているわけです。

ということは
ストレス →慢性的な緊張状態 →ホルモン分泌阻害 →不眠 →不妊
ということは十分に言えますし、あと ストレス →血糖値上昇 の構図が
肥満 →インシュリン(血糖値を下げる)需要能力の低下 →血糖値の上昇 →細胞の裸老化促進 →不妊 (女性の場合さらに 肥満 →脂肪が卵胞発育阻害 →不妊) の構図と同じです。

つまり間接的に ストレス=不妊が成り立つわけですね。

これらの解消方法としては簡単に「運動」「良質な睡眠」「糖質制限(精製糖が×)」があげられますが、
適度な運動によって、酸化物質による細胞の老化と肥満を解消できます。ストレス低減も期待できますし、適度な疲労感から良質な睡眠も確保できます。

あと最近の流行りではビタミンDですね。
ビタミンDを摂取することでコルチゾールを抑えて、睡眠の質を大きく改善してくれる効果があるのですが。ビタミンDは不妊治療に良い影響を与えることは広く知られています。当院に通われている方でも飲んでいるひとをよくみかけます。
もちろん不妊治療に関係ない人でもビタミンDはかなりおすすめですよ。
現代人は寝る前のスマホとかで常に緊張状態にさらされているのでなおさらです。
わたしも普段飲んでますが、かなり良いですよ。

さて、とりとめもないお話をしましたが、
いま体外授精の治療を取り組んでいる方にお伝えしたいのは、あまりストレスを感じて生活をしてはよくないということです。
とはいえ不妊治療中だと、通院の負担や治療結果など、ストレス要因がありすぎて大変だと思います。とにかく治療に対してあまり深く考え込まないことが一番みたいです。ここがものすごく難しいと思うのですが。
趣味を楽しんだり、疑問に思っていることは全部解決したり。

そのためにもわたしたちは全面協力しますので、そういう意味でも何でも相談してください。

培養部 SAKAMOTO

サンディエゴの旅

こんにちは。今回の担当は看護部からです。10月をむかえ、ようやく秋らしい気候となってきましたね。そんな季節の中、1年中常夏のサンディエゴに行く機会がありましたので、お伝えしようと思います。
日本のように明日の天気を気にすることもないくらいに毎日快晴で、湿度も低くすごしやすい環境です。観光地でもあり治安も良いところですね。また、海沿いの距離が長すぎて、日本のように海水浴場も混雑するようなこともありません。数メートル歩けば、ゴミ箱も設置されており、投げ捨て防止にも役立っているのでしょうね。初めてのボディーボードや電車に乗ってみたりもしました。日本人の方に会うことがなかったので、常に英会話を必要とされ、脳が疲れ中学生レベルの英会話を脳の奥から引き出すのに苦労しました。
楽しい反面、やや残念なこともあります
①初のカジノに行き億万長者になれなかった。
②ギャングのような人に声をかけられ、ひやひや。
③タクシーの運転手へIwant to go to 7 eleven!→OK!と言ってくれたのに、その場を笑顔でスルーされた。
④チキンを食べて奥歯が欠ける。
⑤トイレに入り扉の隙間があきすぎて、人と目が合いそう。
⑥宿泊先のお宅では、日本人・アメリカ人で土足と裸足が混じりあう。
⑦ようやく帰路のサンディエゴ空港に着き、空港職員に英語でいろいろ聞かれ、理解できずにいたところ、日本の方が通訳をしてくれました。しかし、英語がしみつきすぎて?その日本人の方にまでI’m sorryと言ってしまう。

などなど、いろいろありましたが毎日快晴に恵まれ、アメリカならではの体験は良いものですね。私は、こういう海外の写真やテレビを見るのが大好きです。何故なら、海外にはなかか行けませんが、行った気になります。是非、皆さまも素敵なサンディエゴ!いかかでしょうか?
Hattori

火鍋

こんにちは、今回の担当は受付からです。
少し気温も下がり始め、秋を感じられるようになってきましたね。
台風などの被害もあり気候に悩まされる夏となりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしたか?

最近私は薬膳火鍋にはまっております!
日暮里でももちろん、本格的な火鍋を求めてとうとう中華街まで足を伸ばすようになってしまいました。笑
はまっているとは言っても感想は辛いしか出てこないのですが。。
でもこの辛さが癖になってまた食べたくなるというのをいまは繰り返しています。笑

火鍋は大抵赤い麻辣のスープと、白い白湯スープの2種類で用意されていることが多いですが、最近ではいろんな薬膳スープが選択できるお店が多いみたいですね。

薬膳火鍋は身体にも美容にも良いとされていて、冷え性を内側から改善できると言われているようです。
中国のしゃぶしゃぶと言われているように食べ方はしゃぶしゃぶと一緒ですね。
火鍋にはラム肉が一般的なようですが私は少し苦手で、、普通に牛と豚でいただいております^^

これからお鍋が美味しい季節になっていくので、いろいろなお店で火鍋に挑戦してみたいです。

季節の変わり目になってくると風邪を引きやすくなりますので、体調管理にお気を付けください。

AOKI

日本受精着床学会 講演会

こんにちは、培養部です。
いまだ暑さが残る毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが先月、新宿で開催された日本受精着床学会・学術講演会に出席してきました。

講演会の内容のなかで当院でも行っているERA検査(子宮内膜着床能検査)に関して幾つかとりあげられていたので少しここで触れさせていただきます。

ERA;Endometrial Receptivility Analysis(子宮内膜着床能検査)検査とは着床ウィンドウとよばれる子宮内膜が胚を受け入れる最も適した時期を子宮内膜の遺伝子を解析することで評価できる検査です。

いくつかの不妊治療施設の報告では胚移植を複数回行っているにもかかわらず妊娠しない反復着床不成功の方のERAの結果では6~7割もの方に着床ウィンドウのずれがあるようです。

当院のERAの結果も同様に6割もの方に着床ウィンドウのずれがあることが認められ反復着床不成功の方の多くに着床ウィンドウのずれがあることが分かりました。

しかし移植時期を修正後、妊娠率は改善されたとの報告もありましたが大幅な改善はなく妊娠率の変化は少ないといった報告が多いように見受けられました。

当院の成績も同様に着床ウィンドウのずれが特にみられない方の妊娠率と比較しても大きな差異はなく、必ずしも着床ウィンドウのずれだけが不成功の原因ではないようです。

ERAに基づいた着床ウィンドウの修正は妊娠率の改善は少なく、有効性は少ないと思われてしまうかもしれませんが当院で胚移植を3回以上行っているにも関わらず妊娠に至らなかった方がERA後に妊娠された方も多くいらっしゃるので治療の有効な手段の一つになるのではないでしょうか。

まだERAの件数は少ないので今後さらに症例数を増やして検討していきたいと思います。

培養部 SEKIGUCHI