ブログ|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

ブログ

ブログ

ヒアルロン酸含有培養液

こんにちは。培養部です。
徐々に寒さ和らぎ春らしい陽気になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度、当院でも胚移植用ヒアルロン酸含有培養液を導入致しました。

代表的なものとしてエンブリオ・グルーやUTMなどがあげられます。
以前からヒアルロン酸には着床を促す効果があるとされ多くのクリニックで用いられています。

ヒアルロン酸は卵胞液や子宮内腔に自然に存在しており、ヒアルロン酸が胚の表面に結合することによって外部からの物理的な刺激から胚を守り、子宮内膜への着床を促進すると考えられています。
また、ヒアルロン酸の粘性により胚と子宮内膜との接着を助けているといわれています。

移植を行ってもなかなか妊娠に至らない反復不成功の方にも効果があるとされ着床障害の治療法の一つとして期待されています。
今後、胚移植を予定されていましたらぜひご検討ください。

詳細については当院スタッフまでお声掛けください。

培養部 SEKIGUCHI

もうすぐ春ですね

こんにちは
今回のブログは看護部になります!

寒かった冬から、少しずつではありますが、春の訪れを感じ始める陽気になってきましたね。

私は先日
桜のチーズケーキを食べました!
本物の桜が咲くにはまだ早いですが、一足早く春を感じることが出来、心がうきうきしました(^^)

ところで、話はガラッと変わりますが、
春と言えば、大敵なのが ¨花粉 ¨ ですよね。
当院に通院されている患者様のなかにも、もう薬を飲み始めている方がいるかもしれませんね。
私ももう既に薬を飲んでいます!

そんな花粉ですが、薬は勿論のこと、食べ物や飲み物でも、摂取することで少し症状が和らぐものがあると言われています!

朝食には、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を!
発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌か豊富に含まれています。これらは腸内の悪玉菌を減らし腸内環境を整えてくれる働きがあります。
腸内環境を整えることで、身体の各機能を正常に保ち、免疫力を高めアレルギー症状の緩和につながるのです。

間食にはチョコレートを!
意外ですが、チョコレートも同じく発酵食品の1つで、原料のカカオを発酵させて作られています。
ポリフェノールが豊富に含まれ、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高いと言われています。細胞の老化を防ぐということは、免疫力の向上、アレルギー症状の緩和につながるのです。
甘いもの好き、チョコ好きの私としては嬉しい情報です(*^^*)

花粉はこれからが本番で辛い時期が続きますが、取り入れやすい食材を利用しながら、これから迎える春のイベントを楽しみましょう

最後になりますが、
去年の上野恩賜公園の写真を載せます。

都心のなかでも桜が綺麗で有名な場所ですよね。
当院からもアクセスしやすい場所ですので、是非見頃の時期には足を運んでみてください
気温の寒暖差が厳しいですが、体調を崩されぬようお過ごし下さい(^^)
看護部 A. SATOU

院内のアロマテラピー

こんにちは。
今回は受付からになります。

寒さがより一層増しており、あたたかい季節が恋しくなりますね。
また風邪予防に帰宅後は、手洗い・うがいをいつもより念入りに行っています!

風邪予防対策として、院内に置いてあるアロマの香りについてご紹介致します。

🌼ユーカリ・グロブレス🌼
クリアで鋭くしみとおる様な香りが特徴です。
ユーカリは樹高100mで、背が高い木として世界でも知られています。
オーストラリアの先住民の人々は、感染症や発熱の治療に使ってきました。
抗ウイルス作用、去痰作用などに優れ、インフルエンザなどの
感染症予防、呼吸器系の不調の緩和に有効とされています。

🌼レモン🌼
爽やかな香りには、心や頭の熱を鎮め冷静になれるよう促してくれる
働きがあると言われています。
また免疫系を活性化し、感染症と戦う力を助けインフルエンザなどの感染症対策他、
頭痛、神経痛の痛みを和らげることでも使われてきました。
不安を和らげ何かに取り組む集中力を養ってくれます。

🌼ラベンサラ🌼
スパイシーな中に優しい甘さが漂う香りが特徴です。
マダガスカル原産の湿度の高い熱帯雨林に自生しており、
硬く鮮やかな緑色の葉の間に、あざやかな美しい白い小さな花を咲かせます。
木全体から強い芳香を空気中に漂わせ人々を魅了します。
呼吸器系の様々な不調を緩和することで長きに渡り使われています。

🌼パチュリ🌼
土、墨などを連想させる深いエキゾチックな香りが特徴です。
昔から虫刺されや蛇に噛まれたときなどの解毒剤として使われてきました。
大地を感じさせるこの香りは、心に染み入り、バランスを取るように促します。

寒さが厳しい朝晩ですが、風邪対策をしっかり行いつつ、
冬のイベントも楽しんでいきたいと思います!
皆様も体調にはお気をつけてお過ごしください^^*

受付 NAITOU

2018年 IVF学会

こんにちは。培養部です。
厳しい寒さが続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今更事ではあるのですが去年の10月末頃、生殖補助医療関連の学会の一つであるIVF学会主催の学術講演会に出席してきました。名古屋での開催ということで東京から新幹線で名古屋まで行ってまいりました。
全ての発表を網羅できたわけではないのですが自分が聴いたなかでも興味深かった内容の一部お話しいたします。

複数回胚移植を行ったにも関わらずなかなか妊娠できないもしくは妊娠できても流産してしまう着床不全の症例に対しての改善策についての発表がありましたのでご紹介いたします。この反復着床不全には大きく子宮因子と免疫因子が原因一つとして考えられるようです。

子宮因子として慢性的な子宮内膜炎の症状があると流産のリスクが上がるようでまず子宮鏡検査を行い子宮内膜炎の症状がみられれば胚移植前に治療が必要のようです。また子宮が胚を受け入れる時期には限りがあり、移植日にズレが生じないよう検査で測ることも策の一つだそうです。

免疫因子としては母体が胚を異物と判断してしまいリンパ球から攻撃を受けてしまい着床に至らないことがあるようで、これはリンパ球であるヘルパーT細胞には1型と2型がありこの両者の比率のバランスが崩れると抑制が効かなくなり胚を攻撃してしまうそうです。拒絶が強い場合は免疫抑制剤を使用することで抑えることができるようです。
ごく一部ですがこの様な治療で反復着床不全を回避することができるそうです。

簡単ではありましたが以上となります。また、機会があれば学会への出席を考えていますのでこの場を借りてお話できたらと思います。少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

培養部 SEKIGUCHI

2019年

新年明けましておめでとうございます。
まず始めに、年末年始前後は大変な混雑により通院してくださる患者様にはご迷惑をおかけしました。日頃よりご協力・ご理解頂きありがとうございます。

皆様はどのようなお正月を過ごされましたか?

私は初詣に明治神宮へいってきました。
人混みを避けた夕方の時間帯だったので、ゆっくりとお参りすることができました。ちなみにおみくじは吉凶を占うものではなかったのですが「油断は大敵」と書いてありました(´⊙ω⊙`) 💦物事は慎重に様々な経験を通して良い1年にしたいです(*^_^*)

話は変わりますが、厚生労働省より【仕事と不妊治療の両立支援のために】というリーフレットがあるのをご存知でしょうか。
↓当院の受付にも貼ってあります。

一般不妊治療・高度生殖補助医療・不妊治療に必要な検査のスケジュールを説明する中で「仕事があるため通院できるか心配」いう意見を患者様からよく聞きます。

実際に患者様の多くが、就業後やその合間、有給休暇や半日単位での休暇、個別でのシフト調整、一時的な休職や短時間勤務など、調整をしながら通院しています。また、両立が難しく仕事を辞めた、不妊治療自体を諦めたという方もいます。

企業や職場によっては不妊治療に特化した制度や理解もありますが、自分が大切な役割を担っていたり、人手不足で急なお休みをもらうのは中々難しいという人も多いですよね。そこでぜひ【不妊治療連絡カード】を活用していただければと思います。

不妊治療を受ける、または今後予定している人が企業や職場に対して仕事と不妊治療の両立に関する理解と配慮を求める、また仕事と不妊治療の両立支援制度を利用する際の証明書として作成されたものだそうです。
こちらからダウンロードすることができます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/30.html

身体的、精神的、経済的、社会的な側面から負担の大きい不妊治療ではありますが、少しずつ政策や補助も増えてきています。妊娠を望む方々が日々の生活と両立をしながら治療を継続できるような社会に近づいていければ良いです。

最後に先日、茨城県の笠間稲荷神社に行ったのですが
そこに展示されていた作品が素敵だったので載せたいと思います。
華やかなお正月の雰囲気にぴったりです^ ^

皆様にとって笑顔溢れる1年となりますように✨✨
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

看護部 OTSUKA