ブログ|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

ブログ

ブログ

BBQ

日増しに寒さが身にしみるようになりました。
みなさまいかがお過ごしですか。
今回のブログは受付からです。

わたしは最近今年のシーズン最後であろうBBQに長瀞まで出かけてきました。
平日ということもありBBQをしようとしているのはわたしたちだけで、のびのびとお肉を焼いていました。(笑)
長瀞には以前にも訪れたことがありましたが、自然が豊かでとても素敵な場所です。
まだ紅葉というには早いですがほんのり木々にも色が付き始めていて、自然が近いと季節の変わり目も感じられるようになりますね。

わたし自身はあまりアウトドアが趣味というわけではないのですが、一緒にBBQをしていた子はアウトドアが好きなようでたくさんのグッズを持ってきてくれていて、いま流行のアヒージョを作ってくれたりと、普段ではお肉を焼くだけのわたしには驚きでした。(笑)
自分とは違う趣味などを持っている人と出かけるのもいろいろ発見があってとても楽しいですね。

BBQをするには少し寒い時期ではありましたが来シーズンはもっと違う場所にも行ってみたいです(*^-^*)

ここでクリニックのお知らせです。
待合室に画面を増やして診察室などの呼び出しを画面表示するようになりました。
アプリやメールでの呼び出しは今後も継続していきます。
たびたびシステムが変わることが多くご迷惑をおかけしますが、通っていただいている患者様が少しでも通いやすくなるようスッタフ一同努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

受付 AOKI

培養室の停電対策

こんにちは。培養部です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

10月も間もなく終わり、今年も残すところたったの2カ月となりました。
最近はすっかり秋の空となり、気温もだいぶ下がってきました。
みなさまも体調管理には十分に気を付けてくださいね。

気温といえば、9月から10月を振り返ると、突然30℃に達したかと思えば、翌週には10℃代にまで冷え込むなど、朝でかけるときの服装にはずいぶん悩まされました。

とくに今年は連日のように台風に見舞われ、全国的に大変な被害があったことも記憶に新しいと思います。

都内でもJRが運転をとりやめするなど、わたしも初めての経験でした。

また前回の看護部からのブログでも書いていましたが、
9月6日に発生したいわゆる北海道胆振東部地震では大規模な停電がありました。

先の北海道地震当日は、日本生殖医学会という培養士や医師が多く集まる学会が旭川で開催されていました。

当院の院長や培養士も当学会に参加する予定だったのですが、地震、大規模停電の影響で中止になってしまいました。

私たちは実際には現場にいなかったので、被災することはなかったのですが、前日に北海道に行った多くの医師や培養士が被災しました。

知り合いの培養士の話では、ホテルも空港も停電していたので、移動もままならず、学会どころではなかったそうです。

いまニュースをみていても大小に関わらず、頻繁に地震が起こっていて、あらためて日本は災害大国だと痛感しました。

これまで幸い比較的東京都内は地震被害が少なかったこともあり、正直なところ危機感が薄かったところがありました。

しかし今回、身内が被災することによって、改めて考えさせられました。

ほんとはそういうことじゃあダメなんですけどね。

☆彡

さて、ということで今回は当院の培養室で取り組んでいる、災害時の対策の一部を紹介いたします。

不妊治療専門のクリニックにおいている機器や設備類は、普通の病院とちがってかなり専門色がとても強く、特徴的ですが、その代表的なものが培養室です。

培養室には、みなさまからお預かりしている大切な受精卵を培養している
「培養庫(インキュベータ)」と、

その培養になくてはならない培養液を保管している高性能の冷蔵庫など、培養室特有の専用機器がたくさんあります。

           ☆培養庫(インキュベータ)

※37℃ CO2濃度が6%、O2濃度が5%(低酸素濃度)になるように設定されています。

 

 

 

☆冷蔵庫

※-30℃まで冷やすことができます

 

当然これらはすべて電気で稼働していますので、停電してしまうとかなりの痛手です。

電気がこなければ、卵に最適な環境を保つことが出来ません。

培養庫外に十数分も放置されてしまえばすぐに卵はダメになってしまいます。

そこで当院では巨大なバッテリーを常備して停電対策をしています。

 

これのおかげで台風や落雷、地震などによりビルが停電した場合、自動的に切り替わることで復旧までのあいだ培養庫、冷蔵庫を稼働させて、培養環境を維持してくれます。

☆彡

災害はいつなんどき起こるか分かりません。

もちろん仕事中でも、外出中でも、寝ているときでも。

実際に被災した瞬間、冷静にいられるかどうかは分かりません。

普段からの事前の準備や心構えが必要だなと感じました。

 

ちなみにわたしも個人的に今年の地震、台風以降に自宅用に1Lペットボトルのお水を1箱とソーラー充電ができる小型バッテリー&LEDランタンを注文しました。

 

気休めかもしれませんがおまじないみたいなもので、不思議と防災意識は高まりますね。

 

SAKAMOTO

 

 

 

防災について

こんにちは。今回は看護部からです。

10月になり、肌寒い日も増え上着が必要になってきました。
9月には台風が日本に上陸し、大変な被害を被り、10月の初めには地震もありました。今後首都直下地震が発生した場合、大きな被害になるといわれています。いつ自然災害が起こるかは予測できないので、やはり事前に災害に対する備えが必要になってきます。
ここ近年の地震での負傷者の30〜50%は、家具類の転倒・落下・移動によるものだということです。そのため家具の転倒・落下・移動を防ぐことが大切になります。L型器具を使用し家具と壁をネジ止めすることです。壁に穴を空けられない場合は、突っ張り棒とストッパー式を組み合わせる方法もあるようです。
また避難経路となるドアなど出入り口付近をふさがないようにするため家具類などの物を置かないこと、寝室には背の高いタンスなどの家具を置かないことなど家具の配置の場所も大切であるようです。他にも非常用品を準備したり、避難場所を確認するなど準備することがあります!

私も災害に向けて、避難経路をふさがないよう物は押入れに収納する、地震が起きた場合のシミュレーションをしておくなど準備をしていきたいと思います(^_^)


もうすぐハロウィンですね!

看護部 FUJITA

日暮里の美味しいお店②

皆さま、こんにちは。受付です。
日増しに涼しくなり、過ごしやすくなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

食欲の秋!!ということで以前に続き、日暮里の美味しいお店をご紹介します。

尾久橋通り沿いにある、『肉屋の台所』さん。
お店オススメのローストビーフライスを注文しました。
お皿いっぱいにボリュームのあるお肉は、やわらかくて半熟卵をくずすとまろやかさも増しとてもおいしいです。
このローストビーフライスには、普通盛と肉増しがあり、別のスタッフが肉増しを頼んでいたので並べて写真を撮ってみました♬すごい量。。。ですよね。。。

他にも、ビーフシチューやハンバーグ、ステーキ定食などがあります。
どれもとってもおいしくて大満足(*´▽`*)

もう一軒ご紹介を(^^♪
日暮里駅から徒歩3分ほどのところにある、『cafe aina』さん。
8月にオープンしたばかりだそうです。
わたしは、ホットサンドと季節のスムージーを注文しました。

焼き立てのホットサンド、とっても美味しかったです♪サラダ付きなのもうれしいですね(*’▽’)

季節のスムージーは、その日によってフルーツが違うようです。
この日は、マンゴー・パイナップル・ブドウでした。
わたしはブドウにしましたが、とっても美味しかったです♡

日暮里にある美味しいお店を見つけたら、またこちらでご紹介させていただきますので、
お時間があれば皆さんもぜひ行ってみてくださいね(^^)/
季節の変わり目ですので、体調に気をつけてください。

受付部 YOSHIDA

精液検査

こんにちは。培養部です。
9月中旬となり、夏の猛暑もようやく和らぎましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、先日、以前も話題にさせて頂いた東京国際医療福祉大学大学院が主催している生殖補助医療に関する講習会を聴講してきました。
男性不妊症の検査についての講義内容でしたので勉強してきたことと合わせて当院で行っている精液検査について一部お話させて頂きます。

検査当日、自宅または院内で採精して頂いた検体を提出して頂きます。
採精直後の精液はゼリー状を呈しておりこのままでは正確な検査が行えないため5~30分程常温で静置し液状化させた後検査を行います。
液量を計測後、当院ではマクラーチャンバーと呼ばれる計算盤により精子濃度、運動率を計測しております。
計算盤には0.1㎜の格子状のマス目が記されており、マス目上にいる精子をカウントすることで精子濃度と運動率を算出することができます。

WHOが定めた精液下限基準値(2010改訂)
精液量 1.5ml
濃度 15.0×10⁶/ml
運動率 40%
総精子数 39.0×10⁶/ml
精子正常形態率 4%

検査結果の判定は上の表の基準値を基に判断します。
精子濃度・運動率が基準値以下であればそれぞれ乏精子症・精子無力症、精子が存在しない場合は無精子症の疑いがあります。表の値は下限値となっていますので下回ると自然妊娠が難しくなるとされています。

乏精子症や精子無力症といった造精機能障害の原因として精索静脈瘤やホルモンによる精巣機能不全などが挙げられますが原因不明な場合が多いです。原因がわからない症例での有効な治療法は確立されていませんが漢方薬やビタミン剤、ホルモン療法、生活習慣を改めることにより所見が改善される可能性があります。
治療には時間がかかると考えられますので早い段階で検査を行い今後の治療方針検討して頂くことをお勧めします。

以上が精液検査についてのお話になります。少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

培養部 SEKIGUCHI