ブログ|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

ブログ

ブログ

寒暖差

こんにちは。看護部です。

4月後半になり、暖かく増えて過ごしやすい季節になりましたが、実は体調不良を訴える方も少なくありません。

1日の気温をみてみると朝は涼しく、日中は20°以上と気温の差があります。

春の体調不良は気温の差=寒暖差により、自律神経が乱れてしまうことによって引き起こされます。

温度差は、体にとってはストレスですが、それが適切に対応出来ているときは、問題はあまり起きません。

それが対応出来ない、寒暖差疲労の状態になると、

冷え症、首こり・肩こり、頭痛、めまい、全身倦怠感、胃腸障害、イライラ、不安、風邪、アレルギーなどの様々な症状 が出現してしまうそうです。

私たちが寒暖差疲労をためないためには

①バランスの良い食事をする

食事を摂ると消化のために副交感神経が活発に働き、体がリラックスモードになります。

欠食すると交感神経が働いたままになり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

春が旬の新タマネギは、老廃物を排出する働きのあるカリウムを多く含んでいます。

また、新タマネギと味の相性がいい豚肉には糖質の代謝をサポートするビタミンB1が含まれていて、補給することで体を動かすのに必要なエネルギーを効率よく生み出すことができます。

春が旬の春キャベツも、カリウムを多く含んでいます。

ほかにも、免疫力を高める働きのあるビタミンCや、胃の粘膜修復に働きかけるビタミンUを含むため、胃腸の疲れを感じやすい春にぴったりの食材です。

②こまめに身体を動かす

運動をすると、自律神経のバランスを整えるセロトニンが分泌されます。

ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動が効果的です!!

③湯船に浸かる

副交感神経が働き、自律神経のバランスが整います。

④睡眠をしっかりとる

他にもたくさんの予防策があるようです。

春は新生活も始まり大変なことが多いですが、皆様が元気に楽しく過ごせますように✨

看護部 sugaya