不育症の検査・診断|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

不育症の検査・診断

不育症の検査・診断

不育症の診断について

妊娠はするけれども、流産・死産などを繰り返し、結果的に元気な赤ちゃんを得ることができないケースを不育症と呼びます。
一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断され、検査をして原因を探します。また、1人目が無事に生まれても、2人目、そして3人目が続けて流産や死産になったような場合は、「続発性不育症」として検査・治療を行う場合があります。

不育症と不妊症は違う

不育症の場合は、たとえ妊娠したにしても、流産や死産を繰り返してしまいます。ただし、不育症と診断されたとしても、そのうちの約8割の方はその後、出産ができています。流産や死産を繰り返すのは言わば偶然的なものであり、妊娠できている限りは出産できる可能性のほうが高いのです。そのため不育症は、妊娠を望んでいるのにそれが叶わない「不妊症」とは明らかに異なります。したがって、不育症になったら妊娠・出産ができないということにはなりません。

不育症の原因

妊娠初期に流産する原因の多くは赤ちゃん側、つまり受精卵の偶発的な染色体異常で、妊娠のたびに偶然が重なり、2回以上流産すると考えられます。このタイプの流産を治療したり予防したりするのは難しいところです。しかし、なかには流産を繰り返すリスク因子を持っている可能性があり、きちんと検査をしておく必要があります。リスク因子としては、内分泌代謝異常、子宮形態異常、血液凝固異常などが知られています。ただ、リスク因子があるからといって100%流産や死産に至るわけではありません。
また、詳細な検査をしても原因が特定できないケースも少なくありません。原因がわからなくても次の妊娠で出産することはよくありますので、悲観せずに適切な治療を受けましょう。

不育症の検査

流産を2~3回以上繰り返したような場合は、両親のどちらかにリスク因子がある可能性がありますので、検査をお勧めします。
血液検査により、夫婦それぞれの染色体の検査、糖尿病の検査、甲状腺機能などのホルモン検査、血液凝固因子検査(血のかたまる働きを調べる)、抗リン脂質抗体測定などを行います。子宮卵管造影検査や超音波検査で子宮の形態異常を調べます。必要に応じてMRI検査などを追加することもあります。こうした検査を通じてリスク因子を調べることにより、次回の妊娠に役立てます。

流産検体を用いた染色体検査

「流産検体を用いた染色体検査」とは、流産と診断されたときに子宮内に残っている胎児組織や、胎盤の一部である絨毛(じゅうもう)を検体として胎児の染色体の数や構造に異常がないかを調べる先進医療です。
対象となる方は、過去に1回以上の自然流産を経験したことがある方で、流産手術を受けた場合です。
染色体検査で胎児の染色体の異常が分かれば、流産の原因が母体側にあることが否定できます。更に次回妊娠のための適切な検査や治療方針が確定でき、流産後の心のケアにも役立つことも期待されています。
当院はこの先進医療「流産検体を用いた染色体検査」の実施医療機関です。

クリニック概要

クリニック名

日暮里レディースクリニック

院長

奥田剛

(日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医/日本生殖医学会生殖医療専門医・指導医)

所在地

東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F

※エレベーターでお越しください

診療内容

不妊治療・高度生殖補助医療

アクセス

JR・京成・舎人ライナー 日暮里駅から徒歩1分

診療時間

日祝
9:00~13:00
(受付は12:15迄です)
14:30~19:00
(受付は18:15迄です)

休診:金曜、日曜、祝祭日
△:14:00~16:00(受付は15:15迄です)

当クリニックでは、できるだけ待ち時間が少なくなるようご予約をいただき、来院時間を調整させて頂いております。予約なしでの受診は、予約枠にまだ空きがある場合のみお受けいたしております。ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

ACCESSMAP

地図