その他の不妊治療|荒川区の日暮里レディースクリニック

インターネット予約
日暮里駅徒歩1分エレベーターでお越しください
東京都荒川区西日暮里2-20-1
ステーションポートタワー5F
予約用
代表

インターネット予約
日暮里駅 徒歩1分 エレベーターでお越しください 東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F
予約用
代表

その他の不妊治療

その他の不妊治療

多血小板血漿 (PRP) 療法

自己多血小板血漿(PRP)を用いた治療について

患者さん本人の血液を用いて、多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma: PRP)を組成し、標的部位へ注入する「再生医療」になります。
血小板は組織の修復、損傷部位の血管新生、創傷の治療に必要な「成長因子」を多数放出することが知られています。
PRP 療法は、このような血小板から放出される成長因子を専用の医療機器を使用して効率的に濃縮・組成し、治療したい臓器へ注入することによって、本来、自分の体がもっている細胞の再生能力を局所的に最大化する治療法です。
PPR 療法は既に様々な疾患領域にて臨床使用されており、整形外科、歯科、眼科、皮膚科、婦人科等において、有効性が明らかにされつつあります。

不妊治療分野におけるPRP治療

血小板に含まれる成長因子(PDGF・TGF-β・VEGF・EGF等)は、子宮内膜環境の改善を促すことが明らかにされています。
成長因子を多く含むPRP投与によって、子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善、および妊娠維持が期待できます。
不妊症領域での治療の歴史はまだ十分ではありませんが、現在では海外において子宮内膜菲薄症例や反復着床不全症例に対する研究が盛んに行われています。

安全性について

本治療法に関し、当院は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、再生医療等提供計画の届出後、再生医療等委員会の審査を受け、厚生労働大臣の認可を取得し、細胞培養加工施設として地方厚生局である関東信越更生局地方厚生局長の認可を取得しております。
患者さん自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、これまでの国内外での使用において、重篤な副作用は報告されていません。

対象

不妊治療中で人工授精あるいは凍結胚移植を予定する女性患者を対象とした治療となります。
希望者はどなたでも治療可能ですが、複数回の治療不成功者が主な対象者となります。
ヘモグロビン値が低値の方等、治療に適さない方もいらっしゃいますので、詳細はスタッフへお問い合わせください。

血小板由来因子濃縮物凍結乾燥(PFC-FD)療法

PFC-FD療法について

患者さん本人の血液を用いて、血小板中の細胞の成長を促す物質や免疫に関わる物質を精製して用いる治療です。
この治療法によって従来様々な薬剤を使用しても厚くならなかった子宮内膜が、胚移植に必要十分な厚さになり胚移植が可能になることが期待されます。
また、子宮内環境を改善することも期待されており、良好胚を複数回移植しても着床が成立しない方へも有効と考えられています。

使用スケジュール

前もって患者様から採血を行い、血液をセルソース株式会社に送ります。
凍結融解胚移植スケジュール中に1回~2回、PFC-FDを溶解して子宮内に注入し、内膜が十分な厚さになったことを確認した後に融解胚移植を実施します。

PFC-FD(血液加工)

PRP療法とPFC-FD療法の違い

「PRP療法」と「PFC-FD療法」の目的と効果はほとんど変わりません。
また、PRP、PFC-FDともに自己血液を使う点においても同じです。
異なる点は、PRPは血小板を濃縮したものを注射するのに対し、PFC-FDは血小板の成長因子だけを濃縮・活性化させたものを使います。
また、PRPは採血当日しか持ちませんが、PFC-FDは凍結乾燥させているので、長期保存ができます。
言い換えると、PRPは全ての準備を当院内にて胚移植周期と同時に進めていくので、スピード感を持った治療を行うことができますが、PFC-FDは採血した血液をセルソース株式会社へ輸送して血小板由来因子のみを抽出・濃縮して凍結乾燥した後にクリニックへ返送して使用するため、準備期間が必要です。

漢方治療

漢方薬が不妊に効果のあることについては、既に多数の報告がなされています。
漢方では、個々の患者さんの体質やストレスなど様々な要素を考え合わせ、心身を含めた身体全体のバランスを改善することで、妊娠しやすい体に変えていきます。
特に男性・女性ともに問題らしい問題があるわけでもないのに、なかなか妊娠が叶わないようなケースに、漢方は有効な手段になり得るでしょう。
不妊治療によく用いられる漢方としては、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)、八味丸(はちみがん)、六味丸(ろくみがん)、鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう)、二陳湯(にちんとう)、温胆湯(うんたんとう)などがあり、患者さんの体質等(証:しょう)に応じて処方いたします。
漢方薬を試したい方は、お気軽にご相談ください。

クリニック概要

クリニック名

日暮里レディースクリニック

院長

奥田剛

(日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医/日本生殖医学会生殖医療専門医・指導医)

所在地

東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー5F

※エレベーターでお越しください

診療内容

不妊治療・高度生殖補助医療

アクセス

JR・京成・舎人ライナー 日暮里駅から徒歩1分

診療時間

日祝
9:00~13:00
(受付は12:15迄です)
14:30~19:00
(受付は18:15迄です)

休診:金曜、日曜、祝祭日
△:14:00~16:00(受付は15:15迄です)


当クリニックでは、できるだけ待ち時間が少なくなるようご予約をいただき、来院時間を調整させて頂いております。予約なしでの受診は、予約枠にまだ空きがある場合のみお受けいたしております。ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

ACCESSMAP

地図